【京のごはんNews7】

持続化給付金制度のごあんない

≪5月16日の利用者アクセス数≫ 9081
≪5月17日の利用者アクセス数≫ 8007
≪現在の参加店≫ 324店

運営会社サンケイデザイン株式会社の小山義和です。
GWが明け、平日のアクセス数は落ち着いてきましたが、週末にはアクセスが増える傾向が見えてきました。
当検索サイトのアクセスが増えている分、みなさまのお店の売上も週末に跳ね上がっていることを願っております。
さて本日は弊社専務から持続化給付金制度のお知らせがございます。

*************************************

運営会社・サンケイデザイン株式会社の専務取締役  吉川哲史と申します。
日ごろは何かと「京のごはん」の運営にご協力いただき、ありがとうございます。
京都府では3日連続で感染者がゼロとのこと(5/17現在)。
私たちのガンバリとガマンで、京都の自粛要請の解除も見えてきましたね。
とはいえ、事業者様にとってはまだまだ厳しい状況が続きそうで、私も会社の財布を預かる身としてアタマとココロを痛めております。

さて、すでにご存知の方も多いでしょうが、コロナ感染症対策として政府や自治体が、さまざまな補助金や助成金を用意しています。
「京のごはん」運営会社である弊社もご多聞にモレず、コロナ禍で苦境を強いられており、銀行の方とも相談して給付申請を予定しています。
その銀行員さんおススメの制度である「持続化給付金」をご案内したいと思います。
ご興味のある方は、この続きをお読みください。

持続化給付金とは?

コロナウイルス感染症により、
大きな影響を受けた事業者に対して、
事業の継続を支えるために支給される給付金です。

ポイント
①ほとんどの飲食店様が対象となるであろうこと
②一般的な補助金・助成金と違い、申請がかなりラクであること
以下、具体的に説明します。

■給付額
法人は最大200万円、個人事業者は最大100万。

■対象者
資本金10億円以上の大企業を除いた中小企業と個人事業者。
→飲食業者様ももちろん対象となります。

■支給条件
2020年1月以降の「前年同月対比」で売上が50%以上減少した月があること。           
→1ヶ月でも前年対比50%未満の月があればOK!

■申請〆切
2021年1月15日
→「先着○名様限り!」ではないので、「今スグ」じゃなくても大丈夫です。

■申請方法
ここで書くと長くなってしまうので、ここではただひと言だけ。
「こんなカンタンな申請でええの?えらいザルやなあ…」
某税理士先生のコメント引用です。

なお、当ご案内はサクッとお読みいただくために、要点をかいつまんでおりますので、

詳しくは中小企業庁 令和2年度補正 持続化給付金事務事業をご覧ください。

また、京のごはん」では、この給付金申請に際し、少しでも飲食店様のお役に立てることがないか、模索しております。「京のごはんNews ●or●号」で、具体的なご案内を差しあげたいと思います。

参加店の皆さまに「京のごはん」の合言葉「今こそスマイル!」になっていただくためにも、先立つお金が必要ですものね。

以上、「京のごはん」からのお知らせでした

2020年5月18日